ハローワークの早期就職支援を利用しての転職活動経験

これまでの転職活動で一番印象に残っているのがハローワークの早期就職支援です。

 

毎日のように通うのは大変だったのと、応募したいものが見つけられなくて怒られてしまうことも多かったですが、履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらえたのはとてもタメになりました。

 

履歴書の書き方も入社と退社を繰り返し書いているだけだったのを、どういった仕事をしたのかを具体的に書いたりしてから書類の通過率が上がりました。

 

面接では苦戦することも多く、なかなか思ったことを答えられなくて悔しい思いもしましたが「今のあなたで十分だ」「特別なことはしなくても良い」というアドバイスを貰ってからは、自分らしく面接を受けようと気持ちを変えることができました。

 

自分ひとりで転職活動をしていたら、絶対にやらなかっただろうというアドバイスを貰えたことは有益でした。

 

仕事探しをしなくちゃいけないというプレッシャーで押しつぶされそうになり、闇雲に受けたりしたくないのにという反発を感じることもありましたが、今思えばそのプレッシャーが良い刺激になっていたのかもしれないと良い思い出です。

 

もし、一人で自分のペースで活動をしていたら仕事を探す姿勢も低下してしまっていただろうし、履歴書もただ書いているだけという書類になっていただろうと思うので、転職活動のヒントをもらえたという意味でも早期就職支援を受講して良かったと感じています。

コネは大切

私の転職活動は、過去2度ほどやっていますが、どれもスムーズで苦労したことがないのです。
その理由は、タイミングの良さとコネクションのおかげなのですが、2回目の転職は非常にラッキーでした。

 

私はそれまでサービス業(旅行業界)で働いていましたが、年齢的に、異業種に転職するならば今しかないと思って、良い機会に退職することにしました。
そして、退職後はどうしても旅行に行きたかったので、それを果たし、すぐに転職活動に入ったのですが、その時に、昔お世話になった人に連絡をすると、「ちょうどよい求人があるけど、話だけでも聞いてみる?」と、言われたのです。
早速知り合いが話をしてくれたようで、すぐに企業側から連絡が着ました。

 

その職種は、私が興味があったメーカー業だったので、これは行ってみようと思い、ダメもとで面接しに行ったのですが、私の職歴や語学を買ってくれ、その場で転職先が即決となりました。

 

実は、前回の転職でもこんな感じで同じ人に話をしていたら、良いタイミングで転職先が決まったのです。
今回も本当にタイミングよく、大手のメーカ企業に勤めることができました。

 

給料もほぼ2倍になり、休みも増えて、私がやりたかったようなことがやれて、価値あるっ転職となりました。"